月経の際に起きる貧血について│鉄欠乏性貧血の対策

鉄欠乏性貧血とは

カウンセリング

月々の月経は、女性の多くの悩みです。有経女性については、鉄欠乏性貧血も悩みの一つでしょう。鉄欠乏性貧血は文字で書いた通り、身体から鉄分不足が原因で起こる貧血のことです。また、月経以外でも成長期や妊娠期など、酸素の必要量と供給量のバランスが崩れたときにも起こることがあります。一般的な症状としては、頭痛やめまい、立ちくらみ、動悸などの酸欠状態や、血の気が引くように顔色が悪くなったりする血流低下症状などがあります。こういった症状がでた時は、身体に鉄分を補給してあげる事が必要になります。食事をシッカリ食べることも大切ですが、ヘム鉄が多く含まれる食材を食事に取り入れていくようにしましょう。たとえば牛や鳥に豚のレバーなどが効果的です。魚介類ではマグロの他に、貝類や小魚などにも多くのヘム鉄が含まれています。反面、野菜は全体的に鉄分が少ないです。この鉄分を補給する際に、同時に赤血球の材料となるたんぱく質やビタミンBなどを摂取するようにしましょう。
また、摂取をする際の注意事項となりますが、コーヒーや紅茶などの担任を多く含む飲料な食材は避けましょう。担任には鉄の吸収阻害作用があり、効率よく鉄分を摂取する際の妨げとなってしまいます。また、食材でうまく取れない場合は、ヘム鉄が配合されたサプリメントを利用するようにしましょう。月々のことだからと甘く見ず、鉄欠乏性貧血をただの貧血と侮らずにしっかりとケアしていくことが大切です。

診察室

卵巣がんに警戒しよう

卵巣がんは痛みを感じることなく病状が進行していってしまうため、発見したときには深刻な状態になることもあります。深刻化を未然に防ぐため、定期的な検診を心がけましょう。

病院

NK療法

新しいがんの医療方法として、今NK療法が注目されています。NK療法の特色などについて紹介しているため、がん治療を検討している方はNK療法を正式に扱っている病院も視野に入れてみましょう。

看護師

転移がん

がんは大きくなるだけではなく、転移がんとなってしまうことがあります。また、完全に処置出来ない場合は再発する危険性などもあります。悪化を未然に防ぐために、定期的な検診を心がけましょう。