月経の際に起きる貧血について│鉄欠乏性貧血の対策

NK療法

病院

がんなどに対しての医療方法の一つとして、NK療法というものがあります。NK療法はANK療法とも呼ばれ、人体にあるNK細胞というリンパ球を利用して、増殖させてからウイルス感染細胞を攻撃し、破壊する治療方法です。NK療法に使用されるNK細胞は加齢に伴い減少してしまうものであるため、採血した血液からNK細胞を培養して増殖させ、点滴で体内に戻して免疫力を高めるといった、副作用のない治療方法になります。また、正常な細胞を攻撃するといったこともありません。NK細胞はがん細胞全てに対して傷害する能力を持っているため、がんは発症すると天敵となりうるNK細胞が眠るような環境を作り出しています。このNK細胞は破壊されたわけではなくあくまで眠らされているだけなので、体外に出して刺激を与えることで再度活性化します。身体に戻すために点滴する際に強い免疫刺激が発動されるため、発熱などの症状はでてしまいますが、これは体内で活動を行うために不可欠な動きとなります。NK療法は延命に留まらず、がんを治すことを目的に開発されています。一番新しい医療方法ということもあってまだ培養が難しいものとなっているため、今後最も期待されているがん治療の方法と言えるでしょう。また、効果を実感しやすい医療方法となっているため、他の医療方法に比べて精神的にも負担は少ないところも注目されている大きな要素でしょう。がん治療について悩んでいる場合は、NK療法を正式に導入している病院を検討してみてはいかがでしょうか。