月経の際に起きる貧血について│鉄欠乏性貧血の対策

転移がん

看護師


がんが厄介な病気とされる大きな理由として、再発や転移してしまうといったことが挙げられます。手術でがん細胞を摘出したとしても、目に見えない微細ながん細胞までは手術時に完全に取りきる事が難しいです。そういった場合や、薬物療法などや放射線治療で収まってきたがんが再発してしまうこともあります。また、再発するだけではなく、転移して転移がんとなってしまう可能性などもあります。がんは血管やリンパ管に入り込み、血管やリンパ液の流れによって別の臓器などに移動して発症することがあります。これを転移といい、転移してしまったがんを転移がんといいます。
実際がんが発見された時には、既に複数箇所が転移がんで発症してしまっている場合などもあります。例えば、大腸がんから始まり、がん細胞が血管やリンパ液などを経由して肺や肝などの臓器に転移してしまうことも多いです。この転移がんができる際、大本となるがんが出来た部位の事を原発巣といい、この原発巣から転移したがんは原発巣と同様の性質を持っているため、まず原発巣を発見することが重要になります。また、病状が進んで色んなところに転移してしまうと、原発巣以外からの転移などもでてきてしまうため、がん細胞が複数の性質を持ってしまいますので、治療が難しくなってしまうのです。そのため、更なる再発や転移を防ぐために初回のがん治療では抗がん剤を使用される事が多いです。身体に起きている不調を見逃さず、定期的に検診を受けることもがんの悪化を未然に防ぐために有効です。